SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

オラクル、ServiceNowとの連携で「OCI」のマルチクラウド管理向上へ

 オラクルは、ServiceNowが「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」をサポートすることを発表した。これにより、ServiceNow IT Operations Management(ITOM)Visibilityアプリケーションから「OCI」リソースへのアクセスと管理が可能になるという。

 Oracle Cloudで検出可能なすべてのクラウド・リソースが抽出され、ServiceNowのConfiguration Management Database(CMDB)リポジトリに格納され、ITサービス、オペレーション、サポート・レベル管理向けのこれらのリソースの可用性の監視に使用される。また、CMDBのコンテンツとServiceNowのAIOpsソリューションを組み合わせることで、OCIに配備されているワークロードを監視し、タグベースのサービス・マッピングによってサービス・コンテキストを提供できるとしている。

 既にNetwork Railをはじめとする顧客が、オラクルとServiceNowの連携を利用しているという。

 ServiceNowのオペレーションズ・マネジメント(ITOM、ITAM、セキュリティ)およびデータファウンデーション担当バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーであるジェフ・ハウスマン(Jeff Hausman)氏は、「当社とオラクルの今回の連携により、企業の分散したチームはどこからでも、優れた従業員体験を構築し、強力なビジネスインサイトにアクセスしながら、製品やサービスを迅速に提供することができ、生産性をシームレスに高めることができます。Now Platformと『OCI』を活用しているお客様は、クラウド投資の価値を最大化するシームレスな体験と、AI(人工知能)の力を活用したプロアクティブなオペレーション能力という、両ソリューションの長所を手に入れることができます」と述べている。

【関連記事】
日本オラクル、オムロン阿蘇のデータ活用を「OCI」などで支援
オラクル、レッドブル・レーシング・ホンダとデータ分析における連携へ
オラクル、Oracle ADWにノーコード・ツールを含む新機能を追加

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/14304 2021/04/20 13:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング