EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

IPAなど3団体、デジタルリテラシー協議会を共同で設立

  2021/04/20 14:41

 データサイエンティスト協会(以下、DSS)、日本ディープラーニング協会(以下、JDLA)、情報処理推進機構(以下、IPA)は、4月20日、3団体共同にて「デジタルリテラシー協議会」を設立したことを発表した。

 デジタルトランスフォーメーションの推進には、これまでの「デジタルを作る人材」だけでなく、「デジタルを使う人材」も含めた両輪の育成が必要となるため、全てのビジネスパーソンがデジタル時代のコア・リテラシーを身につけていくことが求められている。そこでITの利活用を推進するIPA、データサイエンティストのスキル定義や人材育成を支援するDSS、ディープラーニング技術の産業活用を推進するJDLAが連携し、IT・データサイエンス・AIの三方面からデジタルリテラシーの向上を目指して当協議会を設立したという。

デジタルリテラシー協議会の取り組み

 同協議会では、IT・データサイエンス・AIを使うための基礎的なスキル・知識・マインドをデジタルリテラシー領域「Di-Lite」と定義。産業界において日本がグローバルで戦うための競争力の源泉となる人材の育成を目指し、「データ×AI」活用に関する教育環境を整え、デジタルリテラシーの見える化と、すべてのビジネスパーソンが共通言語としてデジタルリテラシーを身につけた状態を達成すべく、官民連携の会議体を運営し協議・情報発信を行っていくとしている。

 また、協議結果を各団体が実施する検定や試験(ITパスポート試験、データサイエンティスト検定リテラシーレベル、G検定)のシラバスにも反映するとともに、「Di-Lite」の設定や浸透活用、および「Di-Lite」をはじめとするデジタルリテラシー・スキル習得を助けるためのツール提供も行っていくという。さらに、デジタルリテラシーの浸透に向けたツールとして「デジタルリテラシー・スキルフレームワーク」も同時に公開している。

活動内容

  • 「デジタルリテラシー協議会」の開催(年に1-2回の開催を予定、第1回は2021年度夏を予定)
「Di-Lite」に関する協議(見直しと再定義)
  1. 産業界やユーザーの声を反映した「Di-Lite」の更新
  2. デジタル技術の進化に合わせたデジタルリテラシー領域の網羅性確認
  3. 各参加団体の実施する検定や資格制度の連携
デジタルリテラシーの浸透に向けたツール類の提供
  1. デジタルリテラシー・スキルフレームワークの提供
  2. デジタルスキルラーニングパスの提供
企業に向けた普及・啓発活動の共同推進
  1. 展示会、セミナー等における普及啓発の実施、充実化
  2. 記事の掲載等、ビジネスパーソン向け情報発信の充実化

デジタルリテラシー・スキルフレームワークとは

デジタルリテラシー・スキルフレームワーク
デジタルリテラシー・スキルフレームワーク
[画像クリックで拡大]

 デジタル変革の推進による、より良い社会(Society5.0)の創出に向けて、当協議会が、ビジネスパーソンが身につけるべきデジタルリテラシー領域「Di-Lite」を示すために、デジタルに関連して習得すべきスキルや知識・マインドを構造的に全体像として表したものだという。これにより、産業界におけるあらゆるビジネスパーソンへのデジタルリテラシー習得を啓発、推進していくとしている。

【関連記事】
IPA、8年ぶりに「企業ウェブサイトのための脆弱性対応ガイド」を改訂
IPA、営業秘密管理に関する調査結果を公開
委託元と委託先で大きなギャップも【IPA セキュリティ実態調査】

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5