EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

LayerX インボイス、「会計freee」との連携を強化

  2021/04/23 13:25

 LayerXは、請求書AIクラウド「LayerX インボイス」において、「クラウド会計ソフトfreee(以下、会計freee)」を利用している事業者向け機能の大幅アップデートを行ったことを発表した。

 本アップデートにより、「LayerX インボイス」を「会計freee」と連携して利用する事業者は、①取引・振替伝票に最適化された入力画面の利用、②取引・仕訳データのAPIを介した「会計freee」への連携、③取引先・口座情報・品目や部門、メモタグ等の各種マスタデータの双方向の同期が可能になるとしている。

会計freee利用者向けアップデート機能概要

①取引・振替伝票に最適化された入力画面

 「LayerX インボイス」の入力画面を、初期設定時に「会計freee」の入力形式に合わせて取引形式または複式簿記(仕訳)形式から選択することが可能だという。

仕訳の内容はイメージ
仕訳の内容はイメージ [画像クリックで拡大]
②取引・仕訳データおよび証憑のAPIを介した「会計freee」への連携
[画像クリックで拡大]

 「LayerX インボイス」と「会計freee」は取引や仕訳データをAPIを介して連携することが可能。取引の場合、請求書PDFデータもAPIを介して「会計freee」へ連携可能になり、ファイルをアップロードする処理が不要になるという。また、「会計freee」で電子帳簿保存法の設定をされている場合でも連携が可能だとしている。

③取引先・口座情報・勘定科目等の各種マスタデータの双方向の同期
[画像クリックで拡大]

 「会計freee」に事前設定されている取引先・口座情報・勘定科目等の各種マスタデータを「LayerX インボイス」に同期できる他、「LayerX インボイス」で新たに登録したデータも「会計freee」に同期が可能。これにより、2つのサービスのマスタデータを管理する手間が大幅に削減され、運用の更なる効率化が可能になるという。

  • 連携対象のデータ:取引先・口座情報・勘定科目・部門・品目・メモタグ・セグメント・管理番号
  • マスタのショートカットも双方向に連携され、両サービスの入力補完に活用可能

【関連記事】
LayerX、プライバシー保護システムAnonifyに関する研究成果を公開
LayerX、請求書AIクラウド「LayerX INVOICE」を提供開始
LayerX、日本IBMと提携し「Hyperledger Fabric」による業務効率化などを推進

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5