SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

LayerX インボイス、「会計freee」との連携を強化

 LayerXは、請求書AIクラウド「LayerX インボイス」において、「クラウド会計ソフトfreee(以下、会計freee)」を利用している事業者向け機能の大幅アップデートを行ったことを発表した。

 本アップデートにより、「LayerX インボイス」を「会計freee」と連携して利用する事業者は、①取引・振替伝票に最適化された入力画面の利用、②取引・仕訳データのAPIを介した「会計freee」への連携、③取引先・口座情報・品目や部門、メモタグ等の各種マスタデータの双方向の同期が可能になるとしている。

会計freee利用者向けアップデート機能概要

①取引・振替伝票に最適化された入力画面

 「LayerX インボイス」の入力画面を、初期設定時に「会計freee」の入力形式に合わせて取引形式または複式簿記(仕訳)形式から選択することが可能だという。

仕訳の内容はイメージ
仕訳の内容はイメージ [画像クリックで拡大]
②取引・仕訳データおよび証憑のAPIを介した「会計freee」への連携
[画像クリックで拡大]

 「LayerX インボイス」と「会計freee」は取引や仕訳データをAPIを介して連携することが可能。取引の場合、請求書PDFデータもAPIを介して「会計freee」へ連携可能になり、ファイルをアップロードする処理が不要になるという。また、「会計freee」で電子帳簿保存法の設定をされている場合でも連携が可能だとしている。

③取引先・口座情報・勘定科目等の各種マスタデータの双方向の同期
[画像クリックで拡大]

 「会計freee」に事前設定されている取引先・口座情報・勘定科目等の各種マスタデータを「LayerX インボイス」に同期できる他、「LayerX インボイス」で新たに登録したデータも「会計freee」に同期が可能。これにより、2つのサービスのマスタデータを管理する手間が大幅に削減され、運用の更なる効率化が可能になるという。

  • 連携対象のデータ:取引先・口座情報・勘定科目・部門・品目・メモタグ・セグメント・管理番号
  • マスタのショートカットも双方向に連携され、両サービスの入力補完に活用可能

【関連記事】
LayerX、プライバシー保護システムAnonifyに関する研究成果を公開
LayerX、請求書AIクラウド「LayerX INVOICE」を提供開始
LayerX、日本IBMと提携し「Hyperledger Fabric」による業務効率化などを推進

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/14328 2021/04/23 13:25

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング