SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

デル・テクノロジーズ、SaaSベースのデータバックアップサービスを提供へ

 デル・テクノロジーズは4月27日、SaaSベースのデータバックアップサービス「Dell EMC PowerProtect Backup Service」を発表した。同ソリューションは、5月18日より提供を開始するとしている。

 「PowerProtect Backup Service」は、Druvaのテクノロジーを基盤にするクラウドベースのデータ保護ソリューションで、IT環境の複雑さを高めることなく、アプリケーションの保護を実現できるように構築されているという。

[画像クリックで拡大]

サービスの特徴

  • 展開と柔軟な拡張性:SaaSの特徴である数分レベルでの展開や拡張が可能。同ソリューションを利用することで、増え続けるデータ量に合わせてオンデマンドで拡張していきながら、常にデータを保護することができるという。直観的なWebベースの管理環境を通じて、対象となるSaaSアプリケーション、エンドポイント、ハイブリッドワークロードへの一元化した可視環境を確立して管理することで、常にデータが保護されているという安心感を得ることができる
  • 様々なワークロードを直接クラウドで保護:モバイルデバイスを含む様々なエンドポイント、Microsoft 365やSalesforceといったSaaSアプリケーション、さらにエッジやオンプレミスとオフプレミス両方のサーバーワークロードのデータを、すべて直接クラウドで保護するという。従来は数週間や数ヵ月を要していた成果も、このソリューションの一元化したコンソールによって数分で実現できる
  • 「eDiscovery」によるコンプライアンスの実現:基幹データのセキュリティーと安全性を確保して回復可能な環境を確立することに加え、データセキュリティーおよびコンプライアンスを実現する「eDiscovery」を提供。これにより、セキュリティーのリスクを軽減するとともに、各企業におけるデータガバナンス要件への確実なコンプライアンスを実現できる
  • エンドポイントでのデータ保護:デスクトップやラップトップなどのエンドポイントデバイス内のデータを保護することで、企業は、クラウドベースのバックアップによる優れた柔軟性とスケールメリットで、リモートワーク下の利用端末などエッジにある重要なデータを長期にわたり保護が可能
  • サブスクリプションベースのサービス:サブスクリプションベースのサービスのため、利用開始時のコストを抑えながら、データ保護、セキュリティー、コンプライアンスという3つの重要なすべての要素を網羅し、予測可能なコストモデルを確立できる

新たにマルチクラウドデータ保護を実現する強化機能

 「PowerProtect Data Manager」を活用することで、ハイブリッドクラウド環境の既存アプリケーションとクラウドネイティブアプリケーションも保護することができるという。最新の「Data Manager」アップデートにてクラウドエコシステムにGoogleCloudが加わったことで、デル・テクノロジーズはこれまで以上に幅広い選択肢を提供するとしている。

[画像クリックで拡大]

 既にAWSでワークロードを実行していれば、「Dell EMC PowerProtect Cloud Snapshot Manager with Dell EMC PowerProtect DD Virtual Edition」によってオブジェクトストレージにスナップショットをコピーすることで、全体的に長期的なデータ保持コストを削減することができるという。

【関連記事】
デル・テクノロジーズ、第4四半期および通年の業績を発表
デル・テクノロジーズ、日本企業のDX進捗レベルを公表 2年ぶりの調査で数値に大きな変化も
デル・テクノロジーズ「Tanzu on VxRail」を発表 Kubernetesを支援する新機能も

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/14339 2021/04/27 14:44

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング