EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

TeamViewer、Viscopicの買収でMRテクノロジーなどを強化

  2021/05/17 12:42

 独現地時間5月11日、TeamViewer(以下、チームビューワー)は、インタラクティブ3Dビジュアルと複合現実(Mixed Reality)のエンタープライズ・ソリューションを提供するViscopic(以下、ビスコピック)の買収を発表した。ビスコピックの技術は、「TeamViewer Frontline」に統合され、最前線で働く技術者をARおよびMRのテクノロジーで支援し、産業プロセスのDXを推進するとしている。

 ビスコピックのソフトウェアは、Microsoft HoloLensなどのMRスマートグラス、スマートフォン、タブレットで動作し、3Dポインターや順序だてた指示などのデジタル情報を実際のオブジェクトに固定し、実物大のホログラムを実稼働環境に配置することができるという。同社のソリューションは、既にアウディ、シーメ​​ンスエナジー、ドイツ鉄道などの現場作業において活用されている。

 チームビューワーの製品最高責任者であるヘンデリック・ウィット氏は、「エンタープライズにおける3DビジュアルとMRの分野で実績あるスペシャリストであるビスコピックがチームビューワーの一員になることを歓迎します。当社では、昨年以降、Ubimax(ユビマックス)やUpskill(アップスキル)などウエアラブル端末を介した産業テクノロジーを開発する企業を買収し、その分野におけるリモート接続ソリューションに投資してきました。複雑な状況でより視覚的なサポートが必要な場合に3D要素が統合されたMR技術を利用すると、作業をより正確かつ迅速に進めることができます。ビスコピックの3Dビジュアル機能が『TeamViewer』に搭載されれば、自動車をはじめとする重工業分野の製造および品質保証のワークフローに更なる変革をもたらすことになります」と述べている。

【関連記事】
チームビューワー、「TeamViewer フロントライン」を販売へ 現場の管理者と作業者をつなぐ
長谷工とアウトソーシングテクノロジー、日本マイクロソフトとの連携でMRによるタイル打診検査を開発
VRのビジネス利用は緒に着いたばかり、ARのビジネス利用はまだ揺籃期――IDCが国内企業対象に利用意向調査

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5