SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ダークトレースが英国IPOを機に日本事業拡大、免疫システム型AIセキュリティで売上倍増を目指す

 自律型サイバーセキュリティで業界をリードするAI企業、Darktraceは、日本法人カントリーマネージャーの鈴木 真氏による新体制の下、日本におけるさらなる事業拡大を目指すことを発表した。英国市場でのIPOを機に日本でも活動を本格化するという。

ダークトレース・ジャパン カントリーマネージャー 鈴木 真 氏

 ダークトレースは2013年に英国ケンブリッジで創業、2016年に日本法人を設立して以来、ルールやシグネチャに依存せず、事前設計やメンテナンスも不要なセキュリティサービスを提供。日本を含む世界100か国以上で4,700社を超える組織に導入されている。人間の免疫システムに着想を得て開発された「Darktrace Immune System」は、ネットワーク内外に分散する従業員やデバイスの挙動や通信の定常状態を人間のセキュリティチームに代わり独自のAIが常時学習・監視・可視化し、脅威の予兆を自動的に検知・遮断するツール。

 日本のカントリーマネージャーに就任した鈴木 真氏は「2016年の日本法人設立以来、順調に伸びてきたものの、メッセージアウトとパートナリングがうまくいっていなかった。英国でのIPOを機に今後は、ダークトレース2.0として、日本を守るセキュリティの人材不足に取り組んでいく」と語る。

 Darktrace Immune Systemを構成する製品群の1つである「Enterprise Immune System」に実装されているCyber AI Analystは、自動検知した異常やアラートの因果関係を瞬時に文章化し、日本語を含む8か国語で平易なインシデントレポートの生成までAIに一任できる世界初の機能。これにより、脅威の分析に要する時間を従来比で92%削減する。

Enterprise Immune Systemによる不正検知の可視化画面[クリックして拡大]

 今後は大手ディストリビューターと連携し、 日本語SOCサービスをバンドルして提供するとともに、1年間でCyber AI Analystを含む製品群の日本国内における売上を倍増することを見込んでいる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/14421 2021/05/21 07:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング