EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

SAPジャパン、日本貨物航空の基幹業務システム再構築を「RISE with SAP」で支援

  2021/05/27 14:00

 ビジネスエンジニアリング(以下、B-EN-G)とSAPジャパンは、日本貨物航空が基幹業務システム再構築にあたり、「SAP S/4HANA Cloud, private edition」をコアとした新オファリング「RISE with SAP(ライズ・ウィズ・エスエーピー)」を採用。B-EN-Gの導入支援のもと、2022年4月の本稼働にむけて、導入プロジェクトを開始したことを発表した。

 日本貨物航空は、2007年に「SAP ERP6.0」をベースに、グローバルスタンダードな基幹業務システムを構築。しかし、2023年のOSサポート期限および2027年のSAP ERP6.0標準サポート期限を見据えて、システムの継続利用や新システムへの刷新など、現行システムの見直しを検討していく必要があったという。また、業務プロセスの電子化・自動化を行うことにより、実務者レベルの業務を削減し、高付加価値業務に向けた検討・推進リソースの捻出を求める改革ニーズも高まっていたとしており、RISE with SAPでの再構築が決定したとしている。

 同社では、これまで業務を円滑に遂行するためにSAP ERP上で開発してきたアドオン機能を再構築時にはスリム化することを方針として掲げているという。しかし、国際貨物航空という特性から、一部は知財として残す価値があると判断し、最新テクノロジーと双方のメリットを両立して経営管理の高度化を狙えることから、RISE with SAPの選択を決定している。

 今後、B-EN-Gを導入支援パートナーとし、2021年12月からのユーザー教育、その後のデータ移行を経て2022年4月の本番稼働を目指しているという。

【関連記事】
旭化成、間接費管理基盤としてSAP ConcurソリューションとWalkMeを導入
SAPジャパン、福井大学らと地域課題の解決に向けた取り組みを開始
スクウェア・エニックス、「SAP S/4HANA」をグローバル基幹システム基盤に採用

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5