SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

セールスフォース・ドットコム、デロイト トーマツとDX人材育成プログラムを提供

 セールスフォース・ドットコムとデロイト トーマツ コンサルティング(以下、DTC)は、共同でDX人材育成プログラム「Pathfinder(パスファインダー)」の提供を開始したことを発表した。

 「Pathfinder」は、2018年に米国においてセールスフォース・ドットコムとデロイトが共同でスタートしたDX人材育成プログラム。本プログラムは、2024年までに全世界で420万人の新規雇用を創出すると予想されている、Salesforceエコシステムでキャリアを積むために必要な技術およびビジネススキルを身につけた人材を育成することを目的とした人材育成プログラムだとしている。

 日本版の「Pathfinder」では、米国での育成実績やノウハウを日本のDXコンサルタントが日本向けにカスタマイズしており、CRMやSalesforceの知見、およびDTCによるビジネススキルを20週かけて集中的に習得できるよう構成されているという。

 また、キャリア開発支援は、人材サービスを提供するWaris(ワリス)の協力のもと、本取り組みに賛同するSalesforceパートナー企業とともに、本プログラム卒業者にとってベストマッチングとなるような就労先を探す支援を行うとしている。

Pathfinderプログラム概要

目的
  • 第4次産業革命でのキャリアに必要となる技術とビジネススキルの習得機会を提供
  • Salesforceエコシステムでのキャリアを実現するための就業機会の提供
対象者
  • 就職活動中・転職・再就職を検討中の方
  • IT未経験からキャリアチェンジを目指す方
  • CRM・クラウドといった新たな技術・スキルを身に付けたい方

【関連記事】
セールスフォースが顧客ロイヤルティ体験管理のための 「Loyalty Management」を発表
MUFG、セールスフォース・ドットコム「FSC」で顧客情報の連携を強化
デロイト トーマツとコンカー、ファイナンス領域のDX推進で協業へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/14495 2021/06/08 13:10

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング