EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ウェザーニューズ、「Snowflakeデータマーケットプレイス」上でウェザーテックサービスを展開へ

  2021/06/09 05:00

 スノーフレイクは、ウェザーニューズが、「Snowflakeデータマーケットプレイス」のデータプロバイダー契約を締結したことを発表した。ウェザーニューズは、Snowflakeデータマーケットプレイス上にデータを提供する契約を国内で締結した初めての日本法人だという。

 今回のデータプロバイダー契約により、Snowflakeデータマーケットプレイス上でウェザーテックサービスの展開を開始。2018年1月以降の過去天気データについて、気温、風速、降水量など全11要素を1kmメッシュの高解像度で提供するとしている。スノーフレイクは今回のウェザーニューズをきっかけに、価値の高いデータを保有する多くの日本企業がSnowflakeデータマーケットプレイスのメリットを活用できるよう推進したいという。

Snowflakeデータマーケットプレイスの特長

  • すばやく簡単にデータを調達:古いデータを複写・移動するリスクと煩わしさを回避しつつ、ガバナンスの効いたライブの共有データセットに安全にアクセスできる
  • 分析コストを削減:しっかりとしたガバナンスのもと、Snowflakeアカウントから、クエリを実行可能なライブの共有データに直接かつ安全にアクセスでき、データの挿入や変換といった従来のETLプロセスにともなうコストと手間が事実上解消される
  • 自社のデータを収益化:Snowflakeータマーケットプレイスにデータプロバイダーとして参加して、自社のガバナンス下にあるデータ資産を数千社に上ると見られるSnowflakeのデータコンシューマーに販売することで、新たな収益源を生み出すことができる

【関連記事】
Qlik、Snowflakeとの協業でクラウド上でのSAPデータ活用を強化
DataRobot、Snowflakeとの連携強化でAI活用を促進
Snowflake アジア太平洋・日本地域の担当社長にJon Robertson氏が就任

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5