EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

伊藤忠テクノソリューションズ、オンプレミスのITインフラ環境サービスを提供開始

  2021/07/14 18:00

 伊藤忠テクノソリューションズ(以下、CTC)は、オンプレミスのITインフラ環境をサービスとして利用できるソリューション「Hybrid Consumption Infrastructure」を、7月14日より提供開始した。社内システムとしてのセキュリティレベルを保ちながら、運用の自動化によりクラウドと同等の利便性があるソリューションだとしている。

 同社は今回、ヒューレット・パッカード エンタープライズ(以下、HPE)の従量課金制のオンプレミス環境「HPE GreenLake cloud services」と、レッドハットの自動化プラットフォーム「Red Hat Ansible Automation Platform」を独自にパッケージ化。金融業や製造業のクライアントを中心に提供するという。

 本ソリューションは、オンプレミス環境でありながら従量課金制でITインフラを利用可能だとしている。最小構成で、3台の「HPE ProLiant DL380」に「VMware vSphere」をインストールし、従量課金制の利用を可能にするオンプレミス環境「HPE GreenLake cloud services」として、クライアントの設備環境に設置。インフラ構築の自動化プラットフォーム「Red Hat Ansible Automation Platform」も組み込んでおり、サーバやストレージ、仮想化ソフトウェア、ネットワーク機器の自動化プログラムをCTCが作成することで、構築作業の省力化を実現するとしている。

 また、VMware社の仮想環境をAWSで運用する「VMware Cloud on AWS」とも連携し、オンプレミスと同じ環境をAWS上で構築することで、DRの対応を含めたハイブリット型のクラウドサービスが実現可能だとしている。

【関連記事】
CTCと日立システムズ、セキュリティ事業で協業 セキュリティ事業全体を400億円規模への拡大目指す
2021年以降は回復見込み【IDC Japan、国内ITインフラストラクチャサービス市場予測】
CTC、クラウド利用における統合セキュリティ対策「The Netskope プラットフォーム」を販売開始

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5