EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

りそなHDとNTTデータ、日本IBMが金融デジタルプラットフォーム共創に関する覚書を締結

  2021/07/16 07:00

 7月14日、りそなホールディングス(以下、りそなHD)、エヌ・ティ・ティ・データ(NTTデータ)および日本アイ・ビー・エム(以下、日本IBM)は、デジタル分野におけるオープン・イノベーションの実現に向けて、「金融デジタルプラットフォームの共創に関する覚書」を締結した。

金融デジタルプラットフォームの全体像
金融デジタルプラットフォームの全体像
[画像クリックで拡大]

 金融業界において多くの金融機関と異業種等外部企業をつなぐ金融デジタルプラットフォームを提供するために、3社で協議・検討していく旨の覚書を締結。今後、3社は検討委員会を中心に、金融デジタルプラットフォームの提供に向けて、ビジネススキームやシステム構想、多様な形態での開発・提供体制などについて具体的な協議・検討を行っていくとしている。

 また、本取り組みにより地域金融機関や一般事業法人などの利用企業は、金融デジタルプラットフォームを活用することで、革新的なテクノロジーを有する企業が持つ多種多様なサービスを利用することが可能。さらに、機能提供を行うフィンテック企業等にとっては、自社の機能・サービスを幅広い金融機関等を通じて日本全国へ展開できるようになるという。

 これらにより3社は、デジタル分野におけるオープン・イノベーションを実現し、更なる利便性向上に努めていくとしている。

【関連記事】
NTTデータ、りそなHDの営業店システムをローコード開発で構築
日本IBM、りそなHDへディアンドアイ情報システムの株式譲渡で協業強化
内外為替一元化コンソーシアムがリップル活用の送金アプリ「Money Tap」開始

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5