SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

IBM、「IBM FlashSystem」に新機能追加 サイバー攻撃からのデータ保護を強化へ

 IBMは7月21日、企業がランサムウェアなどのサイバー攻撃に備えた計画や、迅速な復旧ができるよう、「IBM FlashSystem」に新たなデータ保護機能を追加すると発表した。

 今回、IBMはオールフラッシュ・ストレージ・アレイである「IBM FlashSystem」ファミリー向けの新機能「セーフガード・コピー」を追加する。「イミュータブル・スナップショット」によりシステム内で安全に隔離され、許可されていないユーザーがアクセスしたり、変更したりできないデータのコピーを自動で作成。データ損失やデータ侵害および、悪意ある活動やその他のデータ漏洩、運用妨害が発生した場合、ユーザーは侵害される前の時点のスナップショットからデータを復元できるという。

「セーフガード・コピー」概要

 ストレージの管理者が任意の間隔でスケジュールすることで、スナップショットを自動作成。スナップショットは、ストレージ・システム上の個別セーフガード「プール」に分離するため、変更かつアクセスが不可能になるという。データは、プールに入れられると復元されない限り操作ができないため、改ざんや削除のリスクを抑えることができるとしている。

 また、ユーザーは同機能を用いてバックアップから特定のデータを選択し復元することで、運用上の問題を診断することが可能。さらに、定期的にコピーを検証することで、問題の早期発見および漏洩データの調査を行うことができるという。くわえて、同機能ではストレージ・プロバイダーがユーザーのシステムにログオンして設定するのではなく、ユーザー自身がシステムを設定し、バックアップをスケジュールすることが可能だとしている。

【関連記事】
IBM、高速・高効率なフラッシュストレージ「IBM FlashSystem」を提供開始
IBM、CSP向けのハイブリッドクラウド自動化ソフトウェアを提供へ
日本IBM、NSSOLのDXにおける全社クラウド基盤の管理機能向上を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/14714 2021/07/21 19:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング