EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

JCBとLayerX、次世代金融とプライバシーに関するコンセプトペーパーを公開

  2021/07/26 18:08

 7月26日、ジェーシービー(以下、JCB)とLayerXは、共同で作成した次世代金融とプライバシーに関するコンセプトペーパーを公開した。なお、本検討においては、明治大学政治経済学部教授 小早川周司氏、およびナッジ代表取締役社長 沖田貴史氏に協力を仰いだとしている。

 昨年12月より両社は、複数企業間をつなぐ次世代BtoB取引履歴インフラに関する共同研究を開始。今回、取引履歴の管理をはじめとする次世代の金融取引を展望した上で、秘匿化・プライバシーの確保を通じて可能となるとみられるコンセプトについて取りまとめ、コンセプトペーパーとして整理したという。

コンセプトペーパーの概要

 コンセプトペーパーでは、秘匿化によって可能となる、プライバシー保護とデータ利活用の両立にむけたユースケースとして、下記4点が挙げられている。

  1. 取引トラッキング
  2. 決済データ秘匿化とAML
  3. 複数社から持ち寄った決済履歴データの利活用
  4. プログラマブルペイメント

 これらユースケースの実現にむけた技術的手段として、LayerXではデータ利活用とデータ保護の両立を実現する秘匿化ソリューション「Anonify」の研究開発を進めているという。

 今後両社は、金融取引を展望したデータ利活用とプライバシーの両立にむけて、引き続き研究開発に取り組むとしている。

【関連記事】
SaaS導入も70%以上が操作の難しさなどを課題に【LayerX 調査】
LayerX インボイス、「会計freee」との連携を強化
LayerX、プライバシー保護システムAnonifyに関する研究成果を公開

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5