SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

IBMとSAP、金融機関のクラウド導入の加速を支援

 米現地時間7月28日、IBMとSAPは、SAPが金融サービス業界におけるIBM Cloudの採用の加速を支援することを発表した。

 本コラボレーションは、企業が業界の厳しいコンプライアンス、セキュリティー、およびレジリエンシー要件に取り組むことを支援するとともに、金融サービス機関のビジネス・トランスフォーメーションおよびイノベーションをサポートすることを目的にしているという。またSAPは、IBMのエコシステムに参加して、IBM Cloud for Financial Services上で、金融リスク、業務、および総支出管理オファリングを提供する意向だという。

 SAPが予定しているIBM Cloud for Financial Services上のオファリングは、金融サービス機関とそのパートナー、およびFinTech企業に以下を提供するとしている。

  • SAP S/4HANAソリューションをはじめとするSAPのインテリジェント・スイート:インテリジェントエンタープライズ・フレームワークにより、SAPは、銀行が既存顧客により上質なサービスを提供できるようにするために設計された、統合アプリケーション、インテリジェント・テクノロジー、およびデジタル・プラットフォームを提供する
  • SAP Adaptive Server EnterpriseをはじめとするSAPの戦略的データ管理向けソリューションとSAP IQソフトウェア:インメモリー・テクノロジーの長所をこれらのソリューションと組み合わせることにより、SAPは、ビジネスの俊敏性を実現するための強固なデータ・プラットフォームを提供。両社は、企業における自社ビジネスのモダナイゼーションを支援することと、最先端テクノロジーを最大限に活用することに焦点を当てている

【関連記事】
日本IBM、国保旭中央病院にヘルスケア向けプラットフォームの情報基盤構築を開始
東京大学とIBM、日本初のゲート型商用量子コンピューターをKBICで稼働開始
Google CloudとSAP、基幹業務システムのクラウド移行などで戦略的提携を拡大

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/14767 2021/08/04 06:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング