EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日立、オンプレミスサーバー新モデルと「ハードウェア安定稼働支援サービス」を販売開始

  2021/08/08 06:00

 日立製作所(以下、日立)は、データ利活用を推進する日立アドバンストサーバー「HA8000V」シリーズの新モデル「HA8000V/DL380 Gen10 Plus」と「HA8000V/DL360 Gen10 Plus」を、8月6日より販売開始した。加えて8月27日には、「ハードウェア安定稼働支援サービス」を販売開始するという。

 本新モデルは、インテルコーポレーションのプロセッサーを搭載し、高い処理能力を実現。また、機器情報の見える化や、日立の保守員による定期メンテナンスにより、オンプレミス環境におけるサーバーの安定稼働と管理の省力化を支援する「ハードウェア安定稼働支援サービス」を提供するとしている。

「HA8000V」シリーズ新モデルの強化ポイント

「ハードウェア安定稼働支援サービス」概要【クリックで拡大】
「ハードウェア安定稼働支援サービス」概要【クリックで拡大】
高い処理能力によりデータ利活用を推進

 従来モデルと比べ、1プロセッサーあたりの最大コア数が1.4倍の40コア、最大メモリ容量が1.3倍の8TiB、最大メモリ帯域幅が1.1倍の3200MT/sに向上。これにより、AIやディープラーニングなどの処理能力が求められるデータ利活用業務においても、処理性能を発揮するという。また、「PCI Express Gen 4」対応や、「NVMe」SSD搭載台数を従来モデルと比べ1.7倍へ増強したことで、仮想化環境におけるI/O性能も向上し、今後の事業成長にともなうシステム拡張にも柔軟に対応できるとしている。

「ハードウェア安定稼働支援サービス」により、サーバーの安定稼働と管理の省力化を支援

 具体的には、サーバーログからファームウェアバージョンなどの情報を取得し、専用サイトに登録することで、ユーザーの機器情報を見える化。また、登録情報を基に、更新作業など安定稼働に必要な対応を日立が判断し、毎月ユーザーに提示するとともに、同社の保守員が定期的にファームウェアの更新作業や機器の簡易点検をおこなうという。これにより、ユーザーはバージョン情報確認や更新作業にかかる時間を削減しながら、業務の安定稼働を実現できるとしている。

【関連記事】
伊藤忠テクノソリューションズ、オンプレミスのITインフラ環境サービスを提供開始
日立、国内クライアント仮想化ソリューション(オンプレミス)市場で2019年売上額シェア1位を獲得
Cloudian、オンプレミス/ハイブリッドクラウド対応の統合管理ビュー「HyperIQ」を発表

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5