SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

CTC、障がい者雇用推進する特例子会社とともにAIデータの整形サービスを提供

 伊藤忠テクノソリューションズ(以下、CTC)は、障がい者雇用を推進する特例子会社CTCひなり(以下、ひなり)と共同で、AIデータ分析の事前準備を専門に行うデータ準備(以下、DP)サービスを提供開始する。

 本サービスでは、CTCが金融業を中心としたクライアントから受注したAIやデータ分析などの案件において、ひなりがデータの表記揺れや誤記などを整えるDP作業を実施するという。

 本DPサービスは、エンジニアに代わって専門的にDP作業を請け負う役割を担っているとしている。

 具体的には、Pythonなどを使用してデータを整形。用語の名寄せや、全角と半角を含めた表記ルールの適用、重複した用語の削除や異常値の除去といった作業を実施するという。クライアントは、整形したデータをもとに分析を行うことで、より精度の高い予測や判断が可能になるとしている。

 ひなりでは、サポートマネージャーと、主に知的障がいがある社員がチームを組み、Pythonによるデータ整形を担当。金融分野における約1年間の試行期間を経て、定型的なデータの整形に関してはエンジニアと同等の技術水準に達しているという。

【関連記事】
【編集部主催イベント】CTCエグゼクティブエンジニアが語る“クラウド時代のセキュリティ新定石”
CTCとSAS、エンサイスの3社が医薬品販売データサービス開発で業務提携契約を締結
伊藤忠テクノソリューションズ、オンプレミスのITインフラ環境サービスを提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/14826 2021/08/19 20:29

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング