SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NECら24社が「量子技術による新産業創出協議会」を設立 産業界主体の「量子産業の創出」を目指す

 9月1日、「量子技術による新産業創出協議会」設立発起人会は、設立会員24社による総会の承認を得て「量子技術による新産業創出協議会(Quantum STrategic industry Alliance for Revolution:以下、Q-STAR)」を正式に設立したことを発表した。

量子技術による新産業創出協議会 設立総会の様子
量子技術による新産業創出協議会 設立総会の様子

 Q-STARはグローバルでリーダーシップを発揮し、新時代における科学技術の発展に資する活動を推進することで「量子技術イノベーション立国」の実現に貢献するとともに、日本の産業の振興と国際競争力の強化を図るという。

 また、幅広い産業から設立趣旨や取り組みに賛同する会員を募り、産学官で連携して量子技術に関わる基本原理、基本法則を改めて整理。その応用可能性、必要となる産業構造、制度・ルールについての調査・提言など、新技術の応用と関連技術基盤の確立に向けた取り組みを推進するとしている。

 今後は、国内外の量子関連の団体との連携を積極的に推進し、グローバルで通用する基盤の構築を目指すという。

【関連記事】
東京大学とIBM、日本初のゲート型商用量子コンピューターをKBICで稼働開始
東北大学とNEC、量子アニーリングの研究推進に向けた取り組みを強化
メルカリ、量子インターネット研究推進団体を共同設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/14891 2021/09/02 06:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング