EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NTT、IOWN構想実現に向けて「基礎数学研究センタ」を設立

  2021/10/04 20:40

 日本電信電話(以下、NTT)は、基礎数学研究を推進する組織「基礎数学研究センタ」(Institute for Fundamental Mathematics)を10月1日にNTT研究所内に新設した。

 本組織は現代数学の基礎理論体系構築に取り組むとともに、いまだ明らかになっていない量子コンピューティングの速さの根源の解明などに挑むという。また、未知の疾病の解明や新薬の発見など、IOWN構想実現に向けてNTT R&Dで取り組んでいる様々な研究課題に対し、現代数学の手法を駆使した今までにないアプローチの提案を通じた貢献を目指すとしている。

基礎数学研究センタのミッション

 基礎数学研究センタでは、リーマン予想やラングランズ予想など、現代数学において重要な未解決問題への挑戦を通じて新たな基礎理論体系の構築を進めることにより、いまだ明らかになっていない量子コンピューティングの速さの根源の解明や、量子計算機でも破ることのできないことが保証される新たな暗号方式の考案など、デジタルを超える量子技術の革新に向けた研究を加速するという。

 また、生命科学・脳科学・社会科学等における様々な現象の相互作用や未解明な振る舞いに関しても、トポロジーと幾何学、数論、群論・表現論、関数解析、微分方程式・力学系、確率論、圏論、グラフ理論、ゲーム理論などの現代数学を発展させることで、それぞれの研究領域の研究者との連携の機会が見込まれるとしている。

 さらに、各研究領域における現代数学の手法を駆使したアプローチによる数理的な記述方法の探索を通じて、未知の疾病の解明および新薬の発見や、超大規模なシミュレーションと進化するAIの融合による災害予測、災害救助を本格的に担えるアバターやロボットの構築などへとつながる貢献が期待されるという。他にも、究極の多体系である人間の脳のダイナミクスや人の行動メカニズム、「記憶」「思考」「意識」が生まれるメカニズムの解明や、新たな脳型計算機実現に向けた理論の発展への寄与も目指すとしている。

 今後、社外から基礎数学に関する第一級の研究者を招き入れることにより広く学術貢献すると同時に若手研究者を育成。IOWN構想実現に向けて立ちはだかる諸問題に対し、各分野の研究組織と共に最新の現代数学手法を駆使しながらアプローチし解決していくという。

【関連記事】
NTTデータとマべニア、5G Open RANのネットワーク領域で協業 5G活用によるDXを支援
NTT東日本と日立、XAIとトレンドデータの活用で顧客の潜在ニーズ発掘を支援
NTTデータ、従業員体験の向上を目指しServiceNow活用へ

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5