SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

マクニカ、Pendoと国内初となる販売代理店契約を締結

 マクニカ ネットワークス カンパニーは、Pendo.io Japanと日本初となる販売代理店契約を締結したことを発表した。マクニカは、PendoのChannel Development Partner(国内1次店)としてエンドユーザーへの販売およびサポート、国内パートナーの開拓・育成を担うとしている。

[画像クリックで拡大]

Pendoが提供する3つの主要な機能

  • ガイダンス(Guidance):ユーザーの属性に合わせてガイドラインやメッセージをソフトウェア画面に表示。適切なガイドを設計することにより、社員がソフトウェアを使いこなすまでの時間を短縮することで利用を拡大する
  • インサイト(Insight):ユーザーの行動を分析することで、ユーザーのエンゲージメントを維持し、ソフトウェア全体の付加価値や課題点を洗い出す
  • センチメント(Sentiment):フィードバックやアンケート機能を利用することでユーザーの要望機能を把握し、優先順位をつけることで、より詳細な情報に基づいた改善策やロードマップの決定が可能になる

SaaSのオリジナルデジタルアダプションメニューも提供

 Pendoとの協業は、マクニカのカスタマーサクセスをさらに進化させる機会だとしている。たとえば、Pendoを契約した顧客企業がBoxを導入する場合、効率的な社内導入が実現できるよう、Boxに適切なガイドラインのテンプレートをマクニカより提供。また、同社が提供するカスタマーサクセスによって、Pendoを利用してBoxの利活用、利用分析を行いながら適切に利用拡大が行えるよう支援できるという。また、Box以外のマクニカ製品や業界の様々なSaaS、ソフトウェアのデジタルアダプション支援メニューを、パートナーと一緒に作り上げていくとしている。

Boxのガイドライン表示例
Boxのガイドライン表示例
[画像クリックで拡大]

 今後マクニカは、これまでのSaaS販売経験とカスタマーサクセスの知見をベースに、Pendoを利用したテクノロジーベースのカスタマーサクセスを推進(カスタマーサクセスのDX化)することでDX推進、SaaS、ソフトウェアの利活用拡大に貢献していくという。

【関連記事】
マクニカとパナソニックNETS、次世代型の監視システム構築に向けて連携
マクニカネットワークス、SecurityScorecardによるセキュリティリスク管理支援へ
マクニカ、SaaSの設定不備によるセキュリティリスクを可視化するソリューションを提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15059 2021/10/08 07:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング