EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

アサヒグループ、店舗の棚割り工程を自動化へ グループ全体のDX加速を目指す

  2021/10/15 20:00

 アサヒグループホールディングスは、PKSHA Technologyが開発した「PKSHA Retail Intelligence」を導入し、個店の売場に合わせた棚割り生成工程を自動化する取り組みを開始した。

 本取り組みにあたり、グループ会社のアサヒ飲料にて2022年春からシステムの本格運用を目指し、本年11月頃よりテスト運用を開始。棚割り業務に費やす時間を約65%削減するとしている。

 また、従来どおり手作業での実施となる、現状の売上分析や品ぞろえ決定工程についても、将来的にはAI技術によって実施できるようにし、棚割り業務の全自動化を実現出来るよう検討していくという。

 同社は今後、本システムをアサヒ飲料以外のグループ会社にも順次導入を拡大させる予定であり、グループ全体でデジタルを活用した業務の高度化や効率化に取り組み、DXを加速させるとしている。

【関連記事】
インフォマート、串カツ田中HDと店舗運営プラットフォームアプリを共同開発 外食産業のDX支援へ
DATAFLUCTと東芝デジタルソリューションズ、店舗の来客数予測の最適化へ
ワークマン、日立の新システム導入で店舗の働き方改革を目指す

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5