EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

中小企業の53%、サプライチェーン攻撃に対し誤った認識【アクロニス調査】

  2021/10/20 19:00

 アクロニスは10月19日(シンガポール現地時間)、サイバーセキュリティを取り巻く状況や、企業やリモートワーカーが直面している問題を包括的にまとめた年次レポート『Acronis Cyber Readiness Report(アクロニスによるサイバーレディネスレポート)』を発表した。

 本調査は、日本を含む世界18ヵ国の中小規模企業に勤める3,600人のIT管理者、およびリモートワーカーを対象に実施されている。

「サイバー攻撃を受けていない」企業、わずか20%

 10社のうち3社が、少なくとも1日に1回はサイバー攻撃を受けていると回答している一方で、今回の調査で攻撃を受けていないと回答した企業はわずか20%と、2020年の32%と比べて減少しているという。

  • フィッシング攻撃は増加を続け、現在では58%を記録。また、マルウェアによる攻撃件数も増え、2020年の22.2%から増加し、今年の攻撃全体の36.5%を占めている
  • URLフィルタリングソリューションの需要は2020年から10倍に増加。現在では、世界中の企業の20%が、ビジネスにおけるフィッシングの危険性を認識

 しかし、IT管理者の約半数(47%)がMFAソリューションを使用しておらず、そうしたIT管理者はMFAに価値を見出せないか、導入するには複雑すぎると考えているのだとしている。

  • ウイルス対策ソリューションに対する需要は、2021年では73.3%を記録し、昨年比30%の増加。また、ウイルス対策ソリューションにバックアップとディザスタリカバリを統合したソリューションに対する需要は、47.9%となり、昨年比2倍以上に増加
  • 脆弱性評価とパッチ管理に対する需要は、2020年の26%から今年は45%へと増加
  • より優れた安全なリモート監視、および管理ツールに対する需要は35.7%となり、昨年比3倍以上に増加

リモートワーカーの4人に1人がフィッシング攻撃のターゲットに

  • リモートワーカーの4人に1人が、今年直面した主な課題の1つとして、ITサポートの不足を挙げている。世界中のリモートワーカーが認識している主な技術面の課題は、「Wi-Fi接続」「VPNおよび他のセキュリティ対策の使用」「ITサポートの不足」の3つ
  • リモートワーカーの4人に1人が多要素認証を使用しておらず、フィッシング攻撃の格好のターゲットに
  • 平均すると、リモートワーカーの5人に1人がフィッシング攻撃の標的となり、1ヵ月あたり20通を超えるフィッシングメールを受信。また、回答者の71%が毎月フィッシング攻撃のターゲットになっていることを確認

【関連記事】
アクロニス、経営陣向けのサイバーセキュリティにおける6原則を公開
IT部門の90%以上でセキュリティ対策の妥協が重圧に――日本HP調査
すべての業界と地域でサイバー攻撃が60%増加【クラウドストライク調査】

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5