SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

2024年までに企業チームの30%が上司不在に――ガートナー、戦略的展望を発表

 ガートナージャパン(以下、Gartner)は、2022年以降に向けた重要な戦略的展望を発表した。

図1.Gartnerの2022年以降の戦略的展望トップ10 出典:Gartner(2021年11月)
図1.Gartnerの2022年以降の戦略的展望トップ10
出典:Gartner(2021年11月)
[画像クリックで拡大]

2022年以降に向けた戦略的展望のトップ10

  1. 2025年までに、シンセティック・データによって顧客の個人データの収集が減少し、プライバシー侵害制裁措置の70%が削減される
  2. 2024年までに、消費者の40%は、収集された自身の個人データの価値を意図的に下げて収益化を困難にするために、行動追跡指標の裏をかくようになる
  3. 2027年までに、Fortune 20企業の4分の1は、ニューロマイニングを利用して潜在意識下の行動に大きな影響を与える企業に取って代わられる
  4. 2024年までに、企業チームの30%では、仕事の自律化とハイブリッド化により上司不在になる
  5. 2026年末まで、アフリカ全体で開発者の人材が30%増加することで、アフリカは世界をリードするスタートアップ・エコシステムに生まれ変わり、ベンチャー投資の増加率でアジアと肩を並べる
  6. 2024年までに、調査対象のCIOの80%は、業績の向上が加速した理由の上位5項目に、コンポーザビリティによるモジュール型のビジネス再設計を挙げる
  7. 2024年までに、サイバー攻撃が重要インフラストラクチャに大きな障害を引き起こし、G20加盟国は物理的な攻撃を宣言して反撃する
  8. 2025年までに、企業の75%は、「適合性の低い顧客を維持するコスト」が「適合性の高い顧客を獲得するコスト」を上回ることを理由に、適合性の低い顧客と「決別」する
  9. 2026年までに、NFT(非代替性トークン)のゲーミフィケーションを活用する企業は、最も評価の高い企業の上位10社にランクインする
  10. 2027年までに、低軌道衛星によって世界の最貧困層の10億人がインターネットを利用できるようになり、そのうちの50%が貧困から抜け出す

【関連記事】
ガートナー、「日本におけるセキュリティのハイプ・サイクル」を発表
2022年にビジネス・コンポーザビリティの採用を迫られると予測――ガートナー調査
デジタル・ビジネス関連予算、取締役の40%が「ビジネス部門へ移管」と回答【ガートナー調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15204 2021/11/11 10:52

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング