EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

オラクル、「OCI AI」を発表 専門知識を要さずアプリケーションへのAIサービス活用が可能に

  2021/11/22 15:00

 オラクルは11月3日(米国現地時間)、「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)AI」 サービスを発表した。

 本サービスは、データサイエンスの専門知識がなくても、開発者がアプリケーションにAIサービスを簡単に活用できるようにする一連のサービスだという。以下の6つのサービスにより、言語からコンピュータ・ビジョン、および時系列予測までの、各タスクにおいて開発者を支援するとしている。

OCI Language

 文書、顧客フィードバックのやり取り、サポート・チケット、およびソーシャル・メディアに記載されている非構造化テキストを理解するために、大規模なテキスト分析を実行。事前にトレーニングされたモデルが組み込まれているため、機械学習の専門知識がなくても、開発者はセンチメント分析、キーフレーズの抽出、テキスト分類、固有表現抽出などをアプリケーションに適用できるという。

OCI Speech

 ネイティブ言語スピーカーと非ネイティブ言語スピーカーを対象にトレーニングされたモデルによる自動音声認識を提供し、リアルタイムでの音声認識を実現。開発者は、人間の発する言葉を含む、ファイルベースのオーディオ・データをテキスト・トランスクリプションに簡単に変換でき、ワークフロー内のクローズド・キャプションの提供、コンテンツのインデックス作成、オーディオおよびビデオ・コンテンツにおける分析の強化に利用可能だとしている。

OCI Vision

 画像認識およびドキュメント分析タスク用に事前トレーニングされた、コンピュータ・ビジョン・モデルを提供。また、ユーザーはシーンの監視、欠陥の検出、独自のデータによるドキュメント処理など、他の業界や顧客固有のユースケースにモデルを拡張することもできるという。

OCI Anomaly Detection

 ビジネス固有の異常検出モデルで、危機的な不規則性を早期にフラグ付けできるため、解決までの時間を短くし、業務停止を減らすことが可能。また、数種類のプログラミング言語に対応したREST APIとSDKが提供されているため、開発者は異常検出モデルをビジネス・アプリケーションに組み込むことができるとしている。

OCI Forecasting

 機械学習と統計アルゴリズムによる、時系列予測を提供するという。なお、データサイエンスの専門知識は不要。開発者は、製品需要、収益、リソース要件などといったビジネス・メトリックのための正確な予測を迅速に作成することが可能だとしている。

OCI Data Labeling

 AIモデルをトレーニングするための、ラベル付きデータセットを構築できるようにユーザーを支援。ユーザーは、ユーザー・インタフェースや公開APIを使用して、データの組み立て、データセットの作成と閲覧、データ・レコードへのラベル適用を行うことが可能だという。また、ラベル付きデータセットをエクスポートし、「OCI Vision」や「OCI Data Science」などといった、オラクルのAIおよびデータサイエンス・サービス群でのモデル開発に使用することで、モデル構築に一貫性を持たせることができるとしている。

【関連記事】
オラクル、新たに14のクラウド・リージョンを展開へ
オラクル、「Oracle Database」実行システムの新バージョンを発表
オラクル、確度の高い商談を自動生成する新たなマーケティング・ソリューションを発表

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5