SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本IBM、センシンロボティクスとのソリューション連携を発表 ロボット活用で保全業務DXを支援

 日本IBMとセンシンロボティクスは、社会や企業インフラの安定稼働を目指し、AIを活用した保全業務ソリューションの開発に向け、業務連携することを発表した。

 本連携により、両社は点検業務をはじめとした、保全業務ソリューションの最適化と効率化に着手するとしている。具体的には、ドローンをはじめとしたロボットによるデータ取得から管理・分析の業務自動化を実現するプラットフォーム「SENSYN CORE」と、日本IBMの設備保全統合管理システム「IBM Maximo Application Suite」、および「IBM Environmental Intelligence Suite」を連携する検証からスタート。これにより、人では状況確認が難しい高所や狭所などの領域において、ロボットが取得した画像や動画データを設備管理情報と統合でき、後工程のワークフローへの移行業務を自動化することができるという。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

 今後両社は、ロボットを用いた対象設備の異常検知、地理空間分析を用いた災害被害状況の可視化、そして異常箇所や可視化から得られた洞察に対する保全作業の管理など、保全業務のDXを加速させるソリューションの提供を目指すとしている。

【関連記事】
CTC、日本IBMとのパートナーシップ強化でクラウド分野のサービス拡充を目指す
サッポロビールと日本IBM、AIを活用したRTD新商品開発のDX推進
日本IBMと川崎汽船、IoT/AIを活用した自動車船内の作業可視化と品質向上目指し共同実証

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15263 2021/11/25 18:27

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング