EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

総収入は前年同期比20.0%増に――Workday 2022年度第3四半期の業績発表

  2021/11/30 21:01

 米現地時間11月18日、Workdayは、2021年10月31日に終了した2022年度第3四半期の業績を発表した。

2022年度第3四半期の業績
  • 総収入は13億3,000万ドルで、2021年度第3四半期から20.0%の増加。サブスクリプション収入は11億7,000万ドルで、前年同期比21.0%増加
  • 営業利益は2,390万ドル(収入の1.8%)となり、前年同期の営業損失は1,410万ドル(同マイナス1.3%)当第3四半期の非GAAPベース営業利益は3億3,220万ドル(収入の25.0%)となり、前年同期の非GAAP営業利益は2億6,810万ドル(同24.2%)
  • 基本的および希薄化後1株当たり純利益は0.17ドルで、前年同期の基本的および希薄化後1株当たり純損失は0.10ドル。非GAAPベースの基本的1株当たり純利益は1.15ドル、希薄化後1株当たり純利益は1.10ドルで、前年同期の基本的1株当たり純利益は0.92ドル、希薄化後1株当たり純利益は0.86ドル
  • 営業キャッシュフローは3億8,470万ドルで、前年同期は2億9,380万ドル
  • 現金および現金同等物、有価証券は、2021年10月31日時点で35億5,000万ドル

 同共同創業者、共同CEO、会長であるアニール・ブースリ(Aneel Bhusri)氏は、「当社は、多様な製品ポートフォリオと複数の市場開拓手段を通じて、獲得可能な最大市場規模(TAM)の拡大を続けることで、今期も優れた業績を達成しました。これは当社の持続的な成長における新たな一歩です。当社は引き続き、従業員の素晴らしい尽力や、不断のイノベーションの追及、そしてWorkdayを利用して自社への長期投資を行う世界最大級の企業をはじめとする顧客コミュニティの拡大を通じて、今後も素晴らしい機会の数々に恵まれると期待しています」と述べている。

【関連記事】
CEOは経営層の中で最もデジタル化を楽観視【Workday調査】
Workday、職場環境の変化への対応を支援する新ソリューションの提供を開始
日産自動車、グローバル人事システムにクラウド型ソリューション「Workday HCM」を導入

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5