EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

大和ハウス工業が「SAP S/4HANA」を採用 グローバル経営基盤を強化

  2022/01/18 18:35

 富士通とSAPジャパンは、大和ハウス工業のグループ会社の財務情報を可視化および分析によるガバナンス強化を目的に、同社のグループ経営基盤システムの刷新を発表。財務情報の統合管理基盤として「SAP S/4HANA」「SAP S/4HANA for central finance」を採用し、2022年8月の稼働開始を目指して富士通がシステムの構築・運用を行うという。

 大和ハウス工業は、2021年度より事業部制を採用したことから、事業部間での経営資源の有効活用やリージョンカンパニーの経営管理などの課題が生じていたという。同社は「SAP S/4HANA」の採用により、リアルタイムな財務状況の把握、意思決定スピードの加速を実現。これまでマニュアルで行っていた分析やレポート作成などを自動化し、業務効率化と経営計画など付加価値の高い業務へのシフトを目指すとしている。

 さらに、グローバルでグループガバナンスを強化するために「SAP S/4HANA for central finance」も採用。海外拠点や買収企業、合弁会社といったグループ会社の情報を有効活用していく予定だという。

 富士通とSAPジャパンは、新システムを通じて、大和ハウス工業のグローバル経営の強化を支援していくとしている。

【関連記事】
ヨネックス、「SAP S/4HANA」導入を通じたDXでグローバル経営基盤の確立を目指す
日立、独cbsとの協業により日本企業のS/4HANAへの移行を支援
スクウェア・エニックス、「SAP S/4HANA」をグローバル基幹システム基盤に採用

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5