SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

テラデータとAWS、3年間のグローバルな戦略的協業を締結

 テラデータは2月3日(米国時間)、AWSとの3年間の戦略的協業契約を締結したと発表した。

 両社は、TeradataVantage on AWSを利用して、顧客のクラウド移行やモダナイゼーション、リスク低減を支援するために、両社製品・サービスの開発および統合を強化し、共同で市場向けプログラムを開始するという。テラデータはデータプラットフォームをAWS上で提供し、小規模から大規模までデータとアナリティクスによるインパクトのあるビジネス成果の獲得を実現するとしている。

 また両社は今後、業種に特化してAIや機械学習、IoTサービスを活用し、「Teradata Vantage」に接続されたリアルタイムのデータインサイトとデータ管理を推進できるよう支援していくという。

戦略的協業によって実現すること

  • AWS上でのTeradata Vantageの導入を容易に:データサイエンティスト、データアナリスト、ビジネスチーム、IT、DevOpsなどのユーザーがTeradata Vantage on AWSを利用して、クラウド上でAWSサービスへのデータワークロードやアプリケーションの移行、管理、接続、構築を簡単に行うことを支援

  • インパクトあるビジネス成果の獲得を容易とするソリューションを提供:AWSの業界別クラウドソリューションを採用する企業向けに、すぐに使えるリファレンスアーキテクチャと、テラデータのユースケースを共同で提供

  • データマーケットプレイスとデータシェアリングを実現:Teradata Vantage、Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)、AWS Data ExchangeおよびAWS Service Catalogとの緊密な統合により、様々なファイルフォーマットを用いたデータ共有を行うオープンなアプローチを提供

【関連記事】
SAS、製薬業界のDX支援に向け日本テラデータとサービス連携
テラデータ、アナリティクスにおけるデータマネジメントのリーダー企業に【米フォレスター・リサーチ調査】
DatadogとAWS、グローバルな戦略的パートナーシップを発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15538 2022/02/04 16:15

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング