SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

サントリービール、生産ラインにNECのAI活用 異常を予兆段階で検知

 NECは2月18日、サントリービールに、AIを活用した設備の異常予兆検知システム「NEC Advanced Analytics - インバリアント分析」を提供すると発表した。同システムは「サントリー〈天然水のビール工場〉京都」に新設される缶充填ラインで5月下旬から稼働を開始する予定だとしている。

 今回提供するシステムは、NECのAI技術群「NEC the WISE」の1つであるインバリアント分析技術を用いた「NEC Advanced Analytics – インバリアント分析」を中心に構築しているという。PLC(Programmable Logic Controller)などの制御システムを通じて設備に設置されている多数のセンサーから大量の時系列データを収集・分析し、センサー間の不変的な関係性をモデル化。ここから予測されるデータの変化と実際のデータを比較することで「いつもと違う」状態を予兆段階で検知するとしている。

 また、ホワイトボックス型AIの特長を生かし、どこがどのような理由で異なるのかといった、保全現場でのアクションに必要な情報も提供。なお、モデル化にあたっては、相関関係を見たいセンサー情報とそれらのセンサーが「いつもの状態」として正常稼働していた時間をシステム上に入力するだけで、現場担当者自身で設定可能だという。

 サントリー〈天然水のビール工場〉京都ではIoTを活用した缶充填の新ラインが4月に稼働する予定で、NECは同ラインにおいて設備の異常を予兆段階で検知し、早期対処を支援するとしている。

ss

充填機

【関連記事】
NEC、顔認証で新型コロナワクチン接種完了を確認できるサービスを開発 3月末実装へ
NECとNTT西日本、山口県のDX拠点のICT環境を構築
NEC、2023年度に全社員を対象としたジョブ型導入を目指し事業体制を改革

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15590 2022/02/18 15:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング