EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ユナイテッドアローズ、日本ユニシスのSaaS型コマース基盤でECサイト・アプリをリニューアル

  2022/03/03 14:15

 日本ユニシスは、小売・通販事業者向けに提供するサービス利用型コマース事業基盤「Omni-Base for DIGITALʼATELIER」をユナイテッドアローズ(以下、UA)が採用したと発表。UAはECサイトとアプリをリニューアルオープンした。

 UAはこれまで、EC販売用と実店舗販売用の在庫を別々の倉庫で管理していため、在庫移動で発生する販売機会のロスやリードタイムの増幅が課題だったという。「Omni-Base for DIGITALʼATELIER」を活用し、自社物流センターにフルフィルメント拠点を置くことで上記の課題を解決し、サイト・アプリの利便性向上と各種サービスの改善を通じた顧客体験価値の向上を実現するとしている。さらに、一括して自社運営化することで売上利益伸長を目指すという。

 日本ユニシスは今後も「Omni-Base for DIGITAL’ATELIER」を通してEC・通信販売事業の業務効率化とコスト最適化の実現に取り組むとしている。

UAにおける「Omni-Base for DIGITALʼATELIER」導入で期待される効果

  • 基本機能の改善:サイト表示速度の改善、検索アシスト機能による検索性能向上、セキュリティレベルの向上など
  • CS(顧客満足度)レベルの向上:物流センター在庫引き当てによる最短配送対象商品の拡大、返品手続きの簡便化など
  • 効率的な在庫コントロール:フルフィルメント拠点を自社物流センターに設置、フリー在庫からの在庫引き当てによる販売機会ロス、将来的なOMO施策への発展による、店舗在庫も含めた運用の効率化など
  • コスト構造の改善:SaaSサービスの採用で投資金額を抑制、従来の委託による変動モデルから一部コストの固定化による運営コスト削減など
  • OMOへの発展:実店舗も絡めたOMO施策を段階的に実施可能、実店舗と遜色のないサービスを提供など
  • アプリの利便性向上:バーコード機能を使用した店頭でのアプリの活用など

【関連記事】
北國銀行と日本ユニシス、Azure上でオープン勘定系システムを稼働開始
カインズ「Microsoft Dynamics 365」でEC刷新 現場作業効率120%に
NECとSAP、戦略的協業を強化 自社の取り組みをリファレンスモデル化した支援へ

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5