SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

東芝インフラシステムズ、JR東海向けにAIによる車両向け自動学習・制御指令伝送装置などを納入

 東芝インフラシステムズは、JR東海が3月5日から中央本線で運行開始予定の新型車両である「315系」向けに、国内初のAIによる自動学習・制御最適化機能を備えた制御指令伝送装置と、シリコンカーバイド素子を適用した車両制御装置をはじめ、主電動機、空調装置(インバーター式)、主幹制御器などを納入したと発表した。

[画像クリックで拡大]

 今回納入された制御指令伝送装置には、地上サーバーへ送信された全車両の温度・湿度・乗車率等のデータを基に、サーバー内のAIが乗務員による空調手動補正などを自動学習。その結果をフィードバックすることで最適化された制御が行われるという。

 車両制御装置では主電動機に可変電圧可変周波数制御インバーター装置が用いられ、その素子として従来のシリコンに代わりHybrid-SiCを採用。これにより電力消費量を従来比で約35%低減しているそうだ。

 同社は2020年では315系において352両の電気品を受注し、既に56両(7編成)分を納入。今後2025年にかけて順次納入を行っていくことを掲げている。

 同社は今後も鉄道車両用の機器およびシステム開発を進め、安全性と利便性の追求に加え、個々の鉄道事業者のコンセプトに沿ったカーボンニュートラルを共創していくとしている。

【関連記事】
JR東日本 松本氏に聞く:デジタル変革の波に乗り「やりたいこと」でチャレンジする
航空会社の点検・整備にも使われるiPad、マニュアル電子化のメリットとは?
東芝デジタルソリューションズとNTT、大容量/低遅延光トランスポートネットワークの動作検証に成功

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15648 2022/03/04 14:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング