SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ランサムウェア関連のデータ漏洩が82%増 クラウドストライクがレポートを公開

 米サイバーセキュリティ企業のクラウドストライクが、2022年版CrowdStrikeグローバル脅威レポートを公開した。

 同社の最新レポートによれば、国家主導型および犯罪グループによる標的型ランサムウェアやクラウド関連のサイバー攻撃がますます高度化かつ高速化し、影響度が増しているとのことだ。

 金銭を目的とするサイバー犯罪はほぼ半数の49%を占め、ランサムウェア関連のデータ漏えいは前年比82%増、観測されたランサムウェアに関連の身代金要求額は平均610万ドルにも上り、前年比36%も増加した。

 国別のサイバー攻撃の傾向では、中国関連ではシステムの脆弱性を悪用するケースが12件確認されたほか、北朝鮮関連では暗号通貨が標的となっている。また、ロシア関連ではクラウドサービスプロバイダーが狙われているほか、フィッシングサイトなどを利用したユーザーの資格情報収集などの手段が確認されたという。

【関連記事】
猛威を奮ったEmotet再び セキュリティ連盟、サイバー攻撃の急増に注意喚起
宇宙事業者向けにセキュリティ支援を開始 サイバー攻撃が増加
2021年のサイバー攻撃は1秒間あたり約13回か――サイバーセキュリティクラウド調べ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15669 2022/03/08 18:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング