SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Log4j脆弱性による被害は今後も継続 NTTデータがセキュリティ動向四半期レポートを公開

 NTTデータは3月15日、四半期ごとに作成している「グローバルセキュリティ動向四半期レポート(2021年度第3四半期)」を公開した。

 今回公開されたレポート内容としては、四半期におけるグローバル動向としてApache Log4jの脆弱性、GoogleやSalesforceを中心に中立的な最低限のセキュリティーベースラインとして策定されたMinimum Viable Security Product、攻撃活動を再開したEmotetなどが取り上げられている。

 Log4jに関しては、脆弱性の影響を受けるシステムを漏れなく対策するのは困難なため、今後も被害報告が後を絶たないと同社は予想しており、システムの運用者はソフトウェアサプライチェーンを意識した構成管理を行う必要があるという。

 Emotetについては、再構築したEmotetのボットネットを用いたランサムウェア攻撃の活動が再開し、感染手法が変化。そのため人的対策だけでは感染防止が難しく、Emotetに関するIoC(Indicator of Compromise)情報の迅速な入手と、セキュリティ機器への適用による、感染の未然防止と早期検知を促している。

 本レポートでは今後の予測として、アメリカ財務省外国資産管理局や警察が身代金の支払いを規制する命令を告示したことで、攻撃グループへ身代金を支払わない組織が増加。結果、セキュリティー対策の裏をかいた新たな収益モデルの攻撃手段を開発する可能性があるということだ

【関連記事】
「Log4j」脆弱性で求められる対応とは? ランサムウェア攻撃の足掛かりにも
猛威を奮ったEmotet再び セキュリティ連盟、サイバー攻撃の急増に注意喚起
日本が2021年最もサイバー攻撃を受けた国に 製造業の攻撃増加も──IBM Security調べ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15704 2022/03/15 14:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング