SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

なぜデータの解釈が異なるのか IPAがデータ共通理解のためのガイドを公表

 IPAは3月18日、関係者間でデータを共通理解するための方法やデータの整備方法を目的とした「データの共通理解推進ガイド」を公開した。

 同ガイド公開により、データの相互運用性に関する理解を深め、データ活用を社会全体で推進することを目指しているという。

 なお想定読者としては、以下の役職者を対象としている。

  • 業務システムの要件定義担当
  • DX担当
  • 行政機関でのオープンデータ担当
  • CDOを目指す層

 同ガイドでは「データ項目自体が同じものとして認識できるか」という部分を中心に解説し、データの共通理解の必要性やその方法論、データの整備方法などについて事例とともに紹介。データを共有することによって生まれる効用についても説明している。

  第1章では、同データなのに作成者と利用者で解釈が異なる原因と、共通理解するために利用する「用語辞書」や「語彙」などについて解説。第2章では事例をベースに、データが持つ意味の共通理解によるメリットを紹介する。

 また、第3章ではデータが持つ意味を共通理解するために、扱うデータを語彙や用語辞書などに関連づけながら説明。その際に語彙や用語辞書に関する整理方法や使い方について、本ガイドの考え方が解説されている。

【関連記事】
IPA、「情報セキュリティ10大脅威 2022」を公表 ゼロデイ攻撃が初登場
米国企業と2倍のひらきも――IPA、「DX白書2021」を公開
日本企業全体でDXが進展か【IPA DX推進指標に関する調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15731 2022/03/18 16:15

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング