EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

復活したEmotet、直近2ヵ月だけで20倍以上増加 デジタルアーツがセキュリティレポートを公開

  2022/03/31 16:05

 デジタルアーツは3月31日、Emotetのセキュリティレポートを公開した。

 2021年11月以降、同社が確認したEmotetは400件以上にものぼるという。なお2021年12月は3件、2022年1月は14件だったものの、2月には101件、3月は13日間だけで292件と急増している。

 また、企業・組織の業種別では「製造業」が最多で、次いで「建設業」、「卸売業、小売業」と続き、これらの業種で約半数を占める。

 Emotetを用いた攻撃者は感染を広めるため、メール内容を日々巧妙にしつつあり、直近3月の事例では、メーラーから窃取したと思われる正規の企業情報も用いられているようだ。

 なお本レポートでは、Emotetが情報を盗むケースとして以下の3つを想定している。

  • 感染した企業の情報を用いて、送受信履歴やアドレス帳からメールが送信される
  • 感染した企業の取引先をかたり、メールが送信される
  • 感染端末から窃取された認証情報が悪用され、メールサーバー自体が感染する

 もし自分たちの企業・組織になりすまされたメールが出回っていると判明した場合、まずは内部にEmotet感染端末がないか調査した上で、メールサーバーも併せて確認することが必要とのこと。仮にEmotetへの感染が見つからなかったとしても、関係各所に周知することを同社は推奨している。

【関連記事】
Emotetの使用添付ファイルは2種類か デジタルアーツがセキュリティレポートを公開
ランサムウェアが増加と過激化 窃盗と身代金による「二重脅迫型」が流行【デジタルアーツ調査】
デジタルアーツ、メールセキュリティソフト「m-FILTER」にホワイトリストDBを構築し安全性判定を強化

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5