SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NTTドコモ、OCIで顧客情報管理システム「ALADIN」開発基盤をクラウド化

 日本オラクルは4月4日、NTTドコモが、顧客情報管理システム「ALADIN(アラジン)」の開発環境を「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」で構築したと発表した。なお、既に2月から稼働開始しているという。

 同社は、OCI上に構築した開発環境により、開発者が利用するリソースの制約やアプリケーション開発者の環境設定の作業負担など、従来のオンプレミス環境での課題を解消。必要なときに必要な開発リソースの利用が可能になり、コスト最適化を実現したという。今後はCI/CDツールを活用し、運用管理の自動化にも取り組んでいくとしている。

 また、障害発生時のALADINのデータベース習熟訓練に利用していたオンプレミスのOracle Database環境もOCIに移行した。「Oracle Database Cloud」に移行することで、「Oracle Database Real Application Clusters(RAC)」 環境を訓練実施時だけ従量課金で利用可能になり、トータルコストを約95%削減したとしている。

 今後、同社では、現在オンプレミス環境にある運用テスト環境のクラウド移行も検討していくという。将来的な開発環境のフルクラウド化に向け、引き続きOCIを活用していく予定だとしている。

【関連記事】
戸田建設、VMware環境下の基幹システム移行に「OCI」を採用
日本オラクル、「AI Services」などOCI製品のアップデートを発表
NTTデータ先端技術、OCI向けのマネージドサービスを提供へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15807 2022/04/04 18:20

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング