SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

経産省が産業界へメッセージ サイバーセキュリティ対策のための注意喚起を発表

 経済産業省は4月11日、「産業サイバーセキュリティ研究会」第7回会合を開催し、産業サイバーセキュリティ研究会から「産業界へのメッセージ」を発表した。

 昨今、ランサムウェアやEmotetによるサイバー攻撃被害が増加傾向という背景から、企業・団体などの組織幹部によるリーダーシップの下、対策の強化を促すべく本メッセージが発出されたとのこと。

 メッセージの大枠としては、4つのメッセージを掲げ、その中で詳しい対策や行動指針を掲げる。

  • サイバーセキュリティ対策を徹底し、持続可能な体制を確立する
  • 感染が確認された場合には、適時、報告・相談・対応を行う
  • 中小企業においては「サイバーセキュリティお助け隊サービス」などの
    支援パッケージを活用する
  • ITサービス等提供事業者は、製品・サービスのセキュリティ対策に責任を持つ

 内容としては、保有する情報資産の把握のほか、不審なメールへの警戒や脆弱性対策の徹底を指摘。BCPを策定し、代替手段の整備を行うだけでなく、サイバー攻撃を受けた際の対応として、普段から役員は職員に教育、訓練を行うことを推奨している。

 なお、感染が確認された場合には専門機関への支援を依頼しつつ、警察などへの相談や報告を実施し、サイバー攻撃者への金銭支払いは慎むべきとのことだ。

【関連記事】
経産省がデジタル学習サイト開設で人材育成を後押し 要件を満たせば企業も講座を掲載可能
ランサムウェア攻撃は昨年比287%も増加 トレンドマイクロがセキュリティレポートを公開
2022年地政学リスクによるサイバー攻撃にIT部門はどう対処すべきか WithSecure (旧F-Secure)ミッコ・ヒッポネン氏に聞く

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15848 2022/04/12 19:20

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング