SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

マイクロソフト、ロシアによるウクライナを含む世界各国へのサイバー攻撃を阻止と発表

 マイクロソフトは、ロシアによるウクライナを標的としたサイバー攻撃を阻止したことを発表した。GRU(ロシア連邦軍参謀本部情報総局)と関係のあるサイバー組織Strontiumから一部の攻撃を阻止したという。

 同社は4月6日に、Strontiumが攻撃に使用していた7つのネットドメインの管理権を認める裁判所命令を取得。それによって、これらのドメインをマイクロソフトが管理するシンクホールに転送し、Strontiumによる悪用の阻止と、被害者への通知が可能になったとしている。

 同社によれば、Strontiumはこのインフラを利用し、ウクライナ国内の各組織だけでなく、米国やEUの政府機関やシンクタンクも標的になっていた。

 元々今回の阻止活動は、2016年に開始した長期対策の一環で、これまでにも、このような過程を15回実行し、Strontium管理下のドメインを100以上押収している。

 同社は、ウクライナ政府や各種組織と密接に協力し、こうした攻撃から身を守るための支援を続けていくとともに、ウクライナにおけるサイバー戦争について、総合的な情報を提供していく予定とのことだ。

【関連記事】
マイクロソフト、S/4HANA Cloudに移行へ Azure上に「RISE with SAP」導入
Azureとの組み合わせで開発環境の迅速化へ Confluentがマイクロソフトと戦略提携を発表
マイクロソフト、世界23ヵ国でセキュリティ人材への投資を拡大

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15865 2022/04/14 19:20

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング