EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

企業のデータ活用による意思決定はわずか4割 スノーフレイクが調査結果を発表

  2022/05/12 18:00

 スノーフレイクは、企業のデータ活用の実態に関する調査結果を発表した。調査によれば、世界の企業で、データ戦略によるビジネスメリットを得るために、データやデータサービスを利用している企業は6%に過ぎないとのこと。

 同社によれば、「データエコノミーリーダー」と呼ばれる企業では、組織内の誰もが容易にデータアクセスが可能な環境を構築。さらに、新たなテクノロジーを導入し、データエコノミーを活用することによるビジネスメリットを実証する戦略をも策定しているという。

 今回の調査では、データから得られた情報に基づいてビジネス上の意思決定を行っていると回答した企業は、世界全体では38%、日本では40%に留まっている。

 スノーフレイクは今回の調査の一環として、データエコノミーのリーダーとなるために企業が組織として備えるべき4つの特性を挙げている。

  • データユーザーがどこにいても、データを制限なく利用できるようにすること
  • データから得られた情報に基づき、すべての、またはほとんどのビジネス上の意思決定を行うこと
  • 収益拡大や新規の事業機会の特定など、戦略目標の達成に向けてデータを大いに、またはかなりの程度活用していること
  • 外部組織と安全にデータを共有し、アクセスする能力を持つこと

 上記4つの特性を備えた組織はデータエコノミーリーダーと見なされ、データ活用やアクセスなどができない組織に比べて大きな成果を上げることが可能だと同社は指摘している。

【関連記事】
中外製薬がクラウド基盤にSnowflakeを導入 データ環境整備でイノベーション加速を目指す
新個人情報保護法の改正ポイントとSnowflakeの「データクリーンルーム」
「サービス提供をやめる日を夢見て…」 長年の課題“データ前処理”に無償サービスで挑む理由とは

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5