SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

絶版資料を無料でネット閲覧可能に 国立国会図書館が個人向け資料送信サービスを開始

 国立国会図書館は、5月19日より「個人向けデジタル化資料送信サービス」を開始したと発表した。

 このサービスは、国立国会図書館においてデジタル化した資料のうち、絶版などの理由により入手困難なものを、利用者のスマホやPCといった個人端末で閲覧できるようになるというものだ。開始当初では閲覧のみ利用できるものの、令和5年1月を目途に印刷機能の提供を開始する予定だ。

[画像クリックで拡大]

 利用者は本人確認書類による本登録が必要なほか、日本国内に居住している人が対象。なお、インターネットからの登録手続きも可能となっている。

 このサービスは、著作権法の一部を改正する法律(令和3年法律第52号)が施行されたことにより開始された。法改正の背景には、デジタル化・ネットワーク化への対応とともに、コロナ禍により、国会図書館や公共図書館、大学図書館などに来館せず利用できるデジタル化資料へのニーズが高まったことがある。

 利用できる資料については、国会図書館デジタルコレクションで提供している資料のうち、絶版等の理由で入手が困難であることが確認された資料が対象になるという。なお、商業雑誌および漫画は含まれていない。

 今後デジタル化する資料については、絶版などで入手困難資料となった資料を確認する手続きを経た上で、送信対象に追加していく予定とのことだ。

【関連記事】
コロナ禍で成長/衰退した企業、明暗を分けた要因とは『マーケティング最新動向調査2022』より
官公庁・政府機関での導入が加速【Nutanix クラウドに関する調査結果】
「脱ハンコ」推進はいまだ半数以下――官公庁のペーパーレス・脱ハンコ実態調査

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16026 2022/05/23 15:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング