SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ゆうちょ銀行、富士通のAI活用したナレッジサービスを導入 全国233店舗、2万4000の郵便局で利用

 ゆうちょ銀行は、社内向け問い合わせ対応の業務効率化に向けて、富士通のAI技術を活用したナレッジサービス「FUJITSU Cloud Service Know-Flow DX(以下、Know-Flow DX)」を2022年1月に導入したと発表した。なお、同行233店舗、および同行の商品サービスを取り扱う一部の郵便局にてチャットボット機能を利用しているという。5月30日より、郵便局においてサービスの利用範囲を拡大したことで、全国約2万4000の郵便局でも利用を開始したという。

ゆうちょ銀行の問い合わせ対応業務へのAI活用イメージ

ゆうちょ銀行の問い合わせ対応業務へのAI活用イメージ [画像クリックで拡大]

 ゆうちょ銀行のパートナーセンターでは、店舗社員および貯金窓口担当社員からの問い合わせに対応している。同サービスにより、パートナーセンターで蓄積された商品サービスのFAQを店舗や郵便局とチャットボット形式で共有し、貯金窓口担当社員が直接検索できるようになるという。これにより、パートナーセンターへの問い合わせ件数を削減し、オペレーターの負荷を軽減。また、貯金窓口担当社員が整備されたFAQを活用することで、業務スキルを平準化し、顧客への速やかな対応を実現するとしている。

ゆうちょ銀行パートナーセンターのオペレーターの操作画面

ゆうちょ銀行パートナーセンターのオペレーターの操作画面 [画像クリックで拡大]

 富士通は、今後も最新のデジタル技術で、ゆうちょ銀行のDXパートナーとして業務の効率化や改革を支援していくという。

【関連記事】
SAS、ゆうちょ銀行のアンチマネーロンダリング向けシステムの開発へ
富士通、AWSとの協業で認定資格保有者を3年間で600人増員へ
富士通、古河電工の基幹業務システムを「SAP S/4 HANA」に刷新 12部門の業務を標準化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16075 2022/05/31 16:42

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング