SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

富士通、英国にグローバル技術戦略の中核拠点「C-CAT」設立へ 約35億円を投資

 富士通は、グローバル技術戦略の中核拠点として、英国に「Fujitsu Center for Cognitive and Advanced Technologies」(以下、C-CAT)の設立を決定した。今後「C-CAT」設立に向けて2200万ポンド(約35億円)を投資し、1年間で200人以上の高度なスキルを備えた人材の雇用を目指すとしている。

 同社はC-CATに日本の最先端技術を導入し、分野を超えたイノベーションの実現に向けて研究の商用化やパートナーとの連携に注力していくという。量子や、スーパーコンピュータ「富岳」の開発・製造で培ったハイパフォーマンスコンピューティング、AI、デジタルツインなど、様々な最先端技術を組み合わせてイノベーション創出を加速させる。

 なお、英国での最先端技術によるイノベーション創出活動は、C-CAT設立に先立ち、同社英国拠点であるFujitsu Services Limitedのマンチェスター市のオフィスを拠点に開始しているという。また、「説明可能なAI」の開発において連携しているマンチェスター大学とのパートナーシップを活用し、産業界や学術界、さらには英国政府とも連携する。

 同社は今後、C-CATの活動における技術革新を通じて、社会的課題の解決を目指すという。

【関連記事】
ドコモとNTTが6G開発へ本腰 Nokiaや富士通などと協力し技術確立目指す
なぜ増えるBox利用企業 富士通が活用術やセキュリティ対策などをセミナーで解説
ゆうちょ銀行、富士通のAI活用したナレッジサービスを導入 全国233店舗、2万4000の郵便局で利用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16170 2022/06/16 12:25

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング