SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

セキュリティバグ報奨サービスを特別価格で利用可能 スリーシェイクがキャンペーンを発表

 スリーシェイクは、バグバウンテの認知向上を目的としたサービス『Bugty(バグティ)』の特別価格キャンペーンを開始したと発表した。

 バグバウンティ(Bug Bounty = バグ報奨金制度)とは、企業が自社のプロダクトやサービスに対する調査案件を公開し、バグハンターがプロダクトやサービスの脆弱性(バグ)を調査するというもの。発見・報告された​脆弱性に対して企業から報奨金が支払われるという仕組みだ。

 スリーシェイクの発表によれば、キャンペーンの開催期間中、バグバウンティ運用代行サービス『Bugty』を特別価格で提供する。同社のセキュリティエンジニアが、プログラム開設、専門的なトリアージ・英語でのコミュニケーションなどの運用を代行し、セキュリティ領域の専門家がおらず、社内のリソースをかけられない企業であってもバグバウンティプログラムを展開できるという。詳細は以下の通り。

キャンペーン期間中のサービス利用料金(※為替レートで変換し、日本円で請求)

  • プラットフォーム利用料:5,000ユーロ
  • 報奨金:5,000ユーロ

開催期間

  • 2022年6月23日~8月31日まで

【関連記事】
スリーシェイク、脆弱性診断ツール「Securify」ベータ版を無料で提供開始
脆弱性収集分野を強化へ サイバーセキュリティクラウドが自社子会社を吸収合併
マクニカがセキュリティ脆弱性のリスク順位付けサービス「LeanSeeks」を提供へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16207 2022/06/23 15:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング