SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

PDFファイルでマルウェア感染 チェックポイントが世界脅威インデックスの最新版を公開

 チェック・ポイントの脅威インテリジェンス部門チェック・ポイント・リサーチは、2022年5月の最新版Global Threat Index(世界脅威インデックス)を発表した。

 本レポートによると、Emotetが依然として最も流行しているマルウェアであり、かつ今月は長らくリストから姿を消していたSnake Keyloggerが8位に急浮上したという。Snake Keyloggerの主な機能としては、ユーザのキーストロークを記録し、集めたデータを攻撃アクターに送信するというもの。

 Snake Keyloggerは通常、電子メールに添付された悪意あるマクロを含むWordやExcelファイルによって拡散されるが、CPRの今月のレポートではSnake KeyloggerがPDFファイルによって拡散されていることが報告されている。

 これはMicrosoftがインターネットから入手したマクロをOfficeのデフォルトでブロックしたことが一因と考えられ、それによってより有効な手段を考える必要に迫られたサイバー犯罪者たちが、PDFなど新たな形式のファイルを用いた手口を模索したことを意味しているとのことだ。

【関連記事】
Apache Log4jの悪用は依然として続く チェックポイントが3月版世界脅威インデックスを発表
サプライチェーンのマルウェアリスク意識に大きな断絶 NTTビジネスソリューションズがレポート発表
日本のセキュリティリスク意識は実害に対して低い傾向 トレンドマイクロが調査結果を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16216 2022/06/24 20:05

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング