SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

先端プライバシー保護技術で高度なデータ利活用を一層促進 LayerXがTMI P&Sと協業発表

 LayerXとTMIプライバシー&セキュリティコンサルティング(以下、TMI P&S)は、データプライバシー領域における協業を開始したと発表した。

 本協業では、LayerXが研究開発を推進してきたプライバシー保護技術とTMI P&Sが有するデータプライバシー分野の法的知見という、互いの強みとする技術・知見を持ち合うことで企業・自治体などの利用者によるパーソナルデータの安全な流通や高度な利活用の実現に向けて取り組むとしている。

 LayerXは、最先端のプライバシー保護技術「Anonify」を軸として、主に技術的な側面から、プライバシーを保障したデータの利活用の実現をサポートするという。

 TMI P&Sでは、データプライバシー分野の法的知見を軸に「プライバシーポリシーの整備」や「匿名加工プロセスの監査」など、法・レピュテーション・データガバナンス等の観点からパーソナルデータの流通・利活用支援を掲げる。

 今回の発表では、提供イメージの一例として利用者が匿名加工情報や統計情報としてデータを外部提供する際に、LayerXの提供するAnonifyによって、ユースケースに応じた最適な匿名化・プライバシー保護手法を適用することが可能だという。

 また、TMI P&Sが匿名加工情報や統計情報への該当性について、第三者の観点から監査を行うことにより、複数の観点から有用性と安全性の水準を高く維持したデータ活用が可能になるとのことだ。

【関連記事】
LayerX、「Anonify」用いたパーソナルデータ活用ソリューションを正式提供へ
JCBとLayerX、次世代金融とプライバシーに関するコンセプトペーパーを公開
LayerX、次世代経費精算システムを新リリース 経費精算を一気通貫で管理可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16217 2022/06/27 15:15

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング