SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ZHD、「AI倫理基本方針」を策定 プライバシーを尊重しながらAIを安全に活用

 Zホールディングス(以下、ZHD)は、「Zホールディングスグループ AI倫理基本方針」を策定した。同基本方針は、同社グループにおけるAIの正しい利用を促進するとともに、負の側面を抑止する指針を示し、今後定める具体的な自主ルールの理念となるものだとしている。

 ZHDは、顧客に安心してサービスを利用してもらうために必要な基本方針の明確化と、実効性のある自主ルールを策定することを目的に、2021年6月「AI倫理に関する有識者会議」を設置。専門家とともに、同基本方針について計5回にわたり議論を重ねたという。

 有識者会議の委員長で慶應義塾大学法学部の大屋雄裕教授は、「今後は、同基本方針で示された理念を反映し、利活用の健全性を担保するガバナンスをどのように実践していくかが問われるところであり、その点においても先進的な取り組みを続けることで、広く社会一般の模範となることを期待したいと思います」とコメントした。

AI倫理基本方針の趣旨

 同基本方針では、ユーザーのプライバシーを尊重しながらAIを安全に活用し、情報の多様性を活かすことによって、一人ひとりが多様な幸せを得られる社会の実現に貢献することを宣言。また、同基本方針は8項目からなり、特定の属性や個人に不当な差別や不適切なバイアスがかからないよう「公平性と公正性の追求」や、「安全性とセキュリティの確保」、「プライバシーの保護」などを定めているという。

【関連記事】
JDMC、2022年データマネジメント賞を決定:農林水産省、Zホールディングス、カインズ、リテールAI研究会、NTTコミュニケーションズが受賞
Zホールディングス、ブイキューブをバーチャル株主総会に採用 昨年比4倍の出席率を達成
IBM、AI倫理に関する調査レポートを公開 8割が「非技術部門の幹部もAI倫理の主要提唱者」と回答

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16262 2022/07/06 11:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング