SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

クラウドストライク、AIを活用した新IoA機能を発表 20以上の攻撃パターンの特定にも効果

 クラウドストライクは、人工知能(AI)を活用したIoA(Indicator of Attack:攻撃の痕跡)機能を発表した。

 これはファイルレス攻撃からの大規模な保護を実現し、密かに発生するクラウド侵害への可視性を強化する新イノベーションだとしている。

 新機能はCrowdStrike Falconプラットフォームにて提供するとしており、これにより導入組織では脅威の検知と対応のライフサイクルを、スピードと規模、精度の面でも最適化することが可能とのこと。

 同社は注目点として、AIを活用したIoAがこれまでに見られなかった20を超える攻撃者のパターンを特定したことを挙げている。

 同社最高製品責任者兼最高エンジニアリング責任者であるアモル・クルカルニ氏は、今回の発表を受けて次のように述べている。

 「IoA機能は、セキュリティチームが簡単には変更できない痕跡である攻撃者の振る舞いに基づいて脅威を阻止するという、革命的な手法を確立しました。そして今、CrowdStrikeはAIを活用したIoAの導入により、再び革命を起こそうとしています。この機能は、組織がCrowdStrike Security Cloudの力を活用して、マシンがもたらすスピードと規模で攻撃者の振る舞いを調査し、実現できる最も効果的な手法で侵害を阻止することを可能にします」

【関連記事】
ランサムウェア関連のデータ漏洩が82%増 クラウドストライクがレポートを公開
すべての業界と地域でサイバー攻撃が60%増加【クラウドストライク調査】
クラウドストライクが年次レポート発表 コロナに乗じたサイバー犯罪が激増

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16463 2022/08/17 12:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング