SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

1回のデータ侵害にかかる平均コストが435万ドルで過去最高に──IBM Security

 日本IBMは8月25日、「2022年データ侵害のコストに関する調査レポート」の日本語版エグゼクティブ・サマリーを公開した。

画像を説明するテキストなくても可

 調査では、データ侵害にかかるコストがこれまでになく高くなり、大きな影響を与えていることが明らかになったという。調査対象の組織における1回のデータ侵害にかかる世界平均コストは435万ドルで、過去最高に。データ侵害コストは過去2年間で13%近く増加しており、調査結果では、これらのデータ侵害インシデントが商品やサービスのコスト上昇にもつながっている可能性を示唆している。実際、インフレやサプライチェーンの問題を背景に、世界的に商品コストが上昇している時においても、調査対象組織の60%は、データ侵害を要因として製品またはサービスの価格を引き上げたという。

 また、同レポートでは、調査対象組織の83%がこれまでに1回以上のデータ侵害を経験していることが判明。時間の経過とともに生じる別の要因が、これらの組織におけるデータ侵害の後遺症であるという。データ侵害コストの約50%がデータ侵害から1年以上経ってから発生していることから、この後遺症は長期にわたって影響を与えているとしている。

 なお、「2022年データ侵害のコストに関する調査レポート」は、IBM Securityの委託により、米調査会社Ponemon Instituteが調査を実施したもので、2021年3月から2022年3月の間に世界の550の組織が経験した実際のデータ侵害に対する分析に基づいているという。

 同レポートの主な調査結果は以下の通り。

  • 重要インフラにおけるゼロトラスト導入の遅れ
  • 身代金の支払いは効果的ではない
  • クラウドにおけるセキュリティーが未熟
  • セキュリティーにおけるAIと自動化の活用で、数百万ドルのコスト削減を実現

【関連記事】
日本IBMとTagetik Japan、DX加速に向け「CCH Tagetik」のリセラー契約を締結
ハイブリッドクラウドとAIの需要により全世界で成長【IBM 2022年度第2四半期の連結決算】
日本IBM、既存の基幹システムをデジタル世界に融合する「次世代のITアーキテクチャー」を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16521 2022/08/25 19:25

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング