SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

不正アクセスで1億円以上被害も IPA、上半期の「コンピュータウイルス・不正アクセスの届出事例」発表

 IPAが2022年上半期(1月~6月)の「コンピュータウイルス・不正アクセスの届出事例」を発表した。

 IPAでは、経済産業省の告示に基づき、被害の状況把握や対策検討を目的とした一般利用者や企業・組織から、広くコンピュータウイルス・不正アクセスに関する届出を受け付けている。

 この事例集では、IPAが受理した届出のうち、特筆すべき事例(未然に防止できたものを含む)を紹介しているという。

 2022年上半期では、2021年下半期(7月~12月、以下先期)まで届出数が減少傾向にあったウイルスの検知・感染被害が、大幅に増加したという。その中でも、Emotetが大半を占めたものの、7月になるとEmotetの届出は減少し、IPAでは7月中旬以降、Emotetの攻撃メールを観測していないとのこと。

 しかし再び大規模な攻撃活動が開始される可能性が考えられることや、Emotetと類似した手口で拡散を図る別のウイルスの攻撃が発生する恐れもあるため、IPAは引き続き警戒を促している。

 事例集では、複数の脆弱性とBitLockerを悪用した侵入型ランサムウェア攻撃のほか、Apache Log4jの脆弱性悪用、AWSアクセスキーの漏えいによるAmazon S3への不正操作被害などが取り上げられている。

 ある事例では、SQLインジェクションの脆弱性を突かれ、数十万件のカード情報や個人情報が漏えいし、セキュリティ対策の強化や顧客対応などを含め、1億円以上の被害額が見込まれているとのことだ。

【関連記事】
IPA、日本企業のDX推進状況を発表 DX先行企業は昨年より倍増
IPA「情報セキュリティ白書2022」を発売開始 トピックは「脆弱性」と「官民セキュリティ動向」など
IPAがスマート工場のセキュリティリスク調査結果を発表 IoT機器や遠隔制御などの課題や対策を網羅

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16541 2022/08/30 12:40

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング