SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

サイバーセキュリティクラウド、第3四半期のWebアプリに対するサイバー攻撃検知レポートを発表

 サイバーセキュリティクラウドは、2022年度第3四半期のWebアプリケーションに対するサイバー攻撃検知レポートを発表した。

 第3四半期において同社が検知したWebアプリケーションへのサイバー攻撃の総数は約1億6千万件と、これは1秒間に20回程度のサイバー攻撃を検知していることになるという。月別では7月は約4700万件、8月が約5千万件、9月は約6千万件となっており、大きく右肩上がりとなった。

 また、1ホスト当たりで見ても、7月は3,644件、8月度は3,918件、9月度は4,637件となっており、これまでの傾向や、年末年始を狙う攻撃者も毎年一定数存在することなどを踏まえ、今後もこの右肩上がりの傾向は暫く続くと考えられると同社は指摘している。

 本四半期については、国内へのDDoS攻撃については特に目立った増減などは見られない状況とのこと。また、日本国内では海外のハクティビストやサイバー軍といった「信条・己の正義感」を満たす目的での攻撃関連よりも、営利(金銭)目的などの攻撃が目立つという。

 特に目立っている攻撃については、サプライチェーン攻撃とBEC(ビジネスメール詐欺)が挙げられている。

【関連記事】
ロシアからの「SQLインジェクション攻撃」を観測──サイバーセキュリティクラウド調べ
サイバー防御力が高い業種は通信・放送、情報サービス、金融・保険──サイバーセキュリティクラウド調査
サイバーセキュリティクラウド、AWSと協業しパブリッククラウドWAFの自動運用サービスの展開強化へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17003 2022/11/22 14:40

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング