SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ピュア・ストレージ、右肩上がりの成長続く その背景に「エネルギー消費の削減率の高さ」

 ピュア・ストレージ・ジャパンは12月9日、同社ビジネスに関する最新動向と2022年の展望を発表。同日、記者説明会を開催した。

 まず同代表取締役社長の田中良幸氏が、グローバルでの概況を振り返った。2023年度第3四半期の売上高は前年同期比20%増の6億7600万ドル、サブスクリプションサービスの売上高は前年同期比30%増の2億4480万ドルだったという。2023年度(2022年2月~2023年1月期)の業績は、前年比26%増の27.5億ドルを見込んでおり、田中氏は「創設以来ずっと右肩上がりで成長している」と話した。

画像を説明するテキストなくても可
クリックすると拡大します

 堅調に成長を続ける理由の一つに同社製品の「エネルギー消費の削減率の高さ」を挙げる。これは従来から特長の一つであったというが、昨今「ESG」などのワードで注目されるようになったことも需要を後押ししているのだという。田中氏は「世界中の顧客の決断プロセスには必ずこれら(ESGなど)のワードが出てくる」と話す。

画像を説明するテキストなくても可
ピュア・ストレージ・ジャパン 代表取締役社長 田中良幸氏

 続いて、同社 アジア太平洋・日本地域担当 プリンシパル・テクノロジスト 岩本知博氏が2023年の展望を語った。QLC(クアッドレベル・セル)やDirectFlashといったフラッシュストレージの進歩により、フラッシュの低コスト化や高密度化が進んでいるという。2023年にはフラッシュストレージの密度が向上し、ティア2、ティア3のワークロードへの適性が高まると予想した。

画像を説明するテキストなくても可
クリックすると拡大します

 また、半導体の供給不足などサプライチェーンをめぐる課題について、同社は安定した供給のために取り組みも強化しているという。具体的に、同じパーツを他製品でも使用したり、部品の再利用を取り入れたりすることでリスクを軽減。その結果、同社では「納期遅延を起こしていない」と強調した。

画像を説明するテキストなくても可
ピュア・ストレージ・ジャパン アジア太平洋・日本地域担当 プリンシパル・テクノロジスト 岩本知博氏

 さらに、激化するサイバー脅威について、岩本氏は「バックアップデータを誰にもアクセスできないようにすることが大事」だと話す。同社製品には標準でバックアップ機能がついており、仮に侵入者に管理者権限を取られてストレージにログインされても、バックアップデータは消すことができないという。これまではすべてバックアップしていたというが、不要なものを区別できるようにアップデートし、バックアップの最適化にも注力しているとした。

画像を説明するテキストなくても可
クリックすると拡大します

 最後に、田中氏は2023年度への抱負として「米国本社は日本に向けてかなり投資している。2023年度は『メインステージ』に上がるくらいの飛躍を実現する」と述べた。

【関連記事】
ピュア・ストレージ、サスティナビリティに関する新機能や取り組みなどを発表
ピュア・ストレージCEO ジャンカルロ氏、環境重視のストレージ戦略で市場を上回る業績を発表
カカクコム、ピュア・ストレージのソリューションを採用 ダウンタイム削減とインフラチームの負担を軽減

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

小山 奨太(編集部)(コヤマ ショウタ)

EnterpriseZine編集部所属。製造小売業の情報システム部門で運用保守、DX推進などを経験。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17096 2022/12/10 07:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング